わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾体験談 | わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾~サッカーが上手くなる方法~

わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾著者の体験談について

わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾 ~子供のドリブルスキルを楽しみながら上達させる方法~

わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾 【KS0001】

 
 
わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾 【KS0001】

話をさかのぼれば、それは25年前の話になります。

私は今でこそ、JSC CHIBAでジュニアチームの監督をしており、その指導ノウハウが全国的に注目され、雑誌などで取材される事もあります。

しかし、初めて少年達を指導する事になった頃、それはもう、苦労の連続でした。

忘れもしない1988年の夏。

私がコーチを務めていたジュニアチームに問題が起こりました。

指導者達が揉め、前監督と他3人のコーチがチームを辞めてしまったのです。

その頃、私はまだ22歳でした。

チームに残されたのは私を含めた2人のコーチと、希望に満ちた、たくさんのサッカー少年達。

彼らは、例年の選手達に比べて、身体能力が高くありませんでした。

「この子達を見捨てられた気持ちにさせてはいけない!」

「きっと強くしてやる!」

そう思い、チームの監督を引き継ぐ事を決意しましたが、指導者は私を含めてたったの2人です。

私達は、何とか、全員の指導にあたれるよう、時間を調整しながら指導に取り組んでいました。

その時に協力してくれた、スクールの先輩選手達の事は今でも忘れません。

「何とかして、勝たせてあげたい!」

身体能力が高くない子達を勝たせる為にも、私は試行錯誤を繰り返しました。

しかし、結果は「市内大会1回戦負け」という、無残なものでした。

戦術を考えて、考え抜いたのにも関わらず、私は子供達を勝たせてあげる事が出来なかったのです。

本当に悔しい思いをしました。

このような経験を経て3年目の事です。

私は少年サッカーの指導において、とても重要な事に気づいたのです。
 
 
>>最強ドリブル塾公式サイトはこちらから
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾~サッカーが上手くなる方法~ TOP » わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾体験談